超一流プロゴルファーが実践する心の鍛え方

ミケルソンを強くした「メンタルメソッド」

「プレショット・ピラミッド」は、ラードン博士が発見して名付けた概念。その名の通り大きなピラミッドの形をしており、6つの心理的要素で構成されている(右下)。その6つの要素を採り入れ、順次ステップを踏みながらスイングやプレーを実行に移す方法であり、ラードン博士が提唱するメンタル強化のメソッドだ。

そして、それがどのぐらい実行できたのかを示すものが、通常のスコアカードとは別に記録する「メンタル・スコアカード」だ。ラードン博士は「心は筋肉と同じ」だと言う。心も鍛えれば強くなる。心を強化するために、まず博士が説くプレショット・ピラミッドを理解していただきたい。

プレショット・ピラミッドは、次の6つの要素で構成される。
1、 姿勢
2、 モチベーション
3、 コントロール
4、 最大化
5、 集中
6、 プランニング

1つ目の「姿勢」は、「あなた自身の心の哲学を見つけること」。かつて陸上競技の世界で打破は不可能と思われていた「1マイル4分の壁」がひとたび破られると、他選手たちも続々と「壁」を破り、新記録が更新されたそうだ。目指すものが不可能でも脅威でもなく、達成可能なものだと思えるかどうか。

「できない」「無理」というメンタル・バリアを生じさせないための秘策は、目標そのものではなく、そこへ到達するプロセスを考えること。「自分は年を取りすぎた」「もう若い人のようには打てない」といった固定されたマインドセットをいかにオープンマインドへ変えるか。

「自分なら目標を達成できると信じ切れることで、すべてがうまく作用していく。その効率性の良さこそが本当の自信なのです」

2つ目の「モチベーション」は言葉通りだが、ラードン博士は「3つの層で構成されている」と説く。第1は本能に基づくもの。第2は学習することで得られるもの。そして第3は心の底から湧き出す「なにかをしたい」という純粋な気持ち、いわゆるパッション(情熱)で、「それが人間を動かす最高のモチベーションになる」。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。