超一流プロゴルファーが実践する心の鍛え方

ミケルソンを強くした「メンタルメソッド」

3つ目の「コントロール」では、ボールやゴルフをコントロールするためには、感情をコントロールすることが必要と説く。プレー中に感情が高まり、理性を失いそうになったら、まずスピードを制御することが肝要。歩くスピードも呼吸もスローダウンすると感情はおさまってくる。

そして「怒ってもいいんだよ」という許可をあらかじめ自分で自分に出してしまうこと。無感情なロボットのようになる必要はない。怒りのレベルや感度を落とすことさえできれば、それでいいと思うこと。多少の不安は決して害ではない。さらには、アンラッキーは「起こるもの」と自分に言い聞かせること。

小さなミスに激怒して崩れる人の対処法

書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

ここでラードン博士は、プレー中にしばしば小さなミスに激怒して崩れるLPGA選手とのケーススタディを挙げている。彼女に「真っ赤に燃える石炭を手渡されたらどうする?」と尋ねると、彼女は「投げ捨てる。だって火傷しちゃうから」と答えた。

博士は「ゴルファーも真っ赤に燃える状態になってしまうことはあるが、それは次のショットに臨むまでの間だけにしなさい」と教え、彼女のキャディには「彼女の感情が静まるまでは次打のクラブを渡さないように」と頼んだ。その後、彼女の成績はみるみる安定し、初優勝を挙げたのだそうだ。さらに、プレショット・ルーティーンを一定に保つことも、メンタルコントロールができるシンプルで基本的な手法だという。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。