企業のターゲット採用が加速する

企業に人気の大学はどこか?

HR総合調査研究所(HRプロ)は2012年12月14日~27日にかけて「2014年度新卒採用に関するアンケート調査」を実施した。その集計結果の中から、採用ターゲット校の設定状況、具体的なターゲット校を中心にご紹介したい。

2013年卒と比べ増加している2014年卒採用計画数

2014年卒採用計画数は2013年卒と比べ増加している。最も多いのは「昨年並み」で56%と過半数を占めているが、21%は「増やす」と回答し、「減らす」と回答した企業は8%にすない。

規模の違いもある。「1001名以上」の「増やす」は29%と高いが、「301名~1000名」では26%と減り、「300名以下」は16%と低くなる。

注意したいのは昨年の数字との比較だ。前年同時期に聞いた2013年卒採用計画数は、「1001名以上」で33%、「301名~1000名」で27%、「300名以下」で20%が「増やす」としていたから、いずれの企業規模でもその数字より低くなっている。

次ページ大学が採用活動の中核に
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。