企業のターゲット採用が加速する

企業に人気の大学はどこか?

ついに5割を超えたターゲット校設定企業

HRプロが「ターゲット校」設定の調査を始めたのは2011年卒からだ。当時ターゲット校を設定していた企業は33%にすぎず、過半の企業は設定していなかった。しかし年を重ねるごとに設定企業は増大し続け、2012年卒で39%、2013年卒で48%、そして2014年卒採用では52%と、5割以上の企業がターゲット校を設定している。増え続けるプレエントリー総数に一喜一憂した時代は終わり、ターゲット層に対してより重点的にコミュニケーション活動を展開することで、採用活動の効率化を図ろうという動きが加速している。

ここでいう「ターゲット校」は、必ずしも「採用指定校」とは限らない。「採用重点校」と考えていただいたほうがよいだろう。リクルーターの派遣や、OB・OG懇談会、学内企業セミナーの実施など、他の大学の学生には行わない施策を行う大学を指している。

次ページGMARCH・関関同立クラスが人気
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT