人事担当者に求められる能力、仕事とは?

人事担当者アンケートから見えてきたもの

 

今後、より重要になる「人事戦略」と「教育・研修」

今後重要になる人事業務について聞いたところ、1位は「人事戦略」(65%)、2位は「教育・研修」(63%)だが、両者の差は2ポイントにすぎない。人員計画と制度にかかわる戦略を立案し、戦略に基づいて人を育成し、適切に処遇していくことに重きを置いているということだ。

続いて「新卒採用」(45%)、「人事労務管理」(35%)、「中途採用」(28%)、「海外人事」(18%)、「契約・派遣・アルバイト採用」(7%)の順になっている。

「戦略」と「教育」が1、2位になり、「新卒採用」を挙げる企業は半数以下だが、「今後重要になる人事業務」という設問なので、新卒採用の重要性が減じるという意味ではない。「海外人事」は、企業によって重要性がまったく異なっている。「1001名以上」の大手メーカーでは45%が重要と回答しているのに対し、同規模の非メーカーでは21%にすぎない。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT