人事担当者に求められる能力、仕事とは?

人事担当者アンケートから見えてきたもの

経営メッセージは、あまり人事に浸透していない?

人事は経営者に最も近い部署だ。経営者のメッセージや考えを深く理解し、人事施策に反映しなければならない。そこで経営者メッセージの人事部門への浸透度を聞いてみた。

企業規模別では「とても浸透している」は、「1001名以上」で13%だが、「301名~1000名」では9%と減り、「300名以下」では20%と高くなる。中小規模では経営者のメッセージは人事部門に届きやすいが、少し規模が大きい中堅規模では届きにくくなり、大手では仕組みによってメッセージが届きやすくなる工夫がなされているのではないか。

最も多いのは「まあまあ浸透している」で「301名~1000名」と「300名以下」では4割台、「1001名以上」では56%と高いスコアだ。この回答がどういう意味を持っているのかを読み解くのは難しい。この設問に限らず「まあまあ」という言葉に対する回答ではプラスバイアスがかかることが多く、「問題があることはあるのだが、まあまあ浸透しているといえるだろう」と回答する人が多いと思われる。

「どちらともいえない」も「あまり浸透していない」「全く浸透していない」に近いニュアンスを持っている可能性がある。

そのように読むと、はっきりした回答は「とても浸透している」だけで、経営者メッセージの浸透に自信を持っていない企業が多いのではないだろうか。

次ページそもそも人事部門の役割とは
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT