iPhoneも使用、でも誰も知らないアルミの謎

需要は年5~7%の高成長、長期では供給リスクも

世の中でアルミを知らない人はいないし、触れたことのない人もいないだろう。アルミはそれくらい生活に密着している金属なのだが、地球の元素の中で酸素・シリコンに次いで多く存在するのがアルミだという事実をご存じだろうか?

iPhoneやiPadにも多く使われているアルミ

ただ、われわれが目にしている白銀色のアルミとしては存在していない。アルミの代表的な製造工程は2段階に分かれる。まず、アルミ元素が多く含まれる約4トンのボーキサイトから中間製品であるアルミナ(酸化アルミニウム)約2トンを抽出する。さらに、アルミナを電気分解することで約1トンのアルミが生産される、という具合だ。

主な特長としては、軽い(鉄・銅の約3分の1)、加工しやすい、白銀色できれ

い、電気と熱をよく通す、衛生上無害、リサイクル可能、などの点が挙げられる。用途は特長を生かして、建設(アルミサッシ)・アルミ缶・航空機・自動車・新幹線・電線・電子部品・アルミ箔・日用品など多様だ。最近ではアップル社のiPhoneやiPadにも多く使われており、アルミ業界に身を置くものとしては嬉しい限りである。

近年では銅との「価格差拡大」を受けた素材代替の進展もあって、アルミ需要は銅をも上回るペースで増加している。当社予測では、2005年に3,000万トンを突破した世界需要は、2014年には5,000万トン超に達すると見込まれている(上図表)。

次ページ短期的なアルミ価格の見通しは…
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。