経済成長への「病的な執着」は日本を滅ぼす

異端の経済学者・セドラチェク、吼える

――まり、成長のほうが恐いと……。とはいえ、私たちには経済的な豊かさを追い求めてしまう部分があります。

私たちが生きているこの文明では、自分を知ろうとするとき、自分で自分を定義するときに、やっぱり「消費」で定義している部分があります。おカネがなければ何もできないという愚かな考え方、それは人間の本能です。

たしかドイツの哲学者だったと思いますが、おカネを川にかかる橋にたとえたんです。橋はそこにあるけれど、紙で造られた橋を渡ることはできない。おカネは架け橋であると同時に、障害物にもなりえるんです。

そういう意味では、コピーライトのもつ矛盾というものもあります。私が何か発言したときに、それで報酬をもらって私は生きていけるのですが、一方で、そういうおカネが生じると、おカネがない人のところには私の話が届かない。でも、私の欲望としては、誰にでも私の話を知ってほしい。

稀代のオルタナ経済書『善と悪の経済学』誕生秘話

――なるほど。「おカネを儲けたい」という経済的な欲望と、「多くの人に知って欲しい」という欲望とは、矛盾するものなんですね。

その通りです。実は、私の本、『善と悪の経済学』も、必ずしも資本主義の論理で生まれたわけではないんです。

原稿をちょっとだけ書いて、飲みに行ったら、ある人と出会ったんです。そこでいっしょに3杯くらい飲んだら、その人、自分は出版社の人間だって言うんですよ。そして、「うちで本を出さないか」というオファーをいただいたんです。私はよく新聞記事などは書いていたので、それでたぶん彼も私に近寄ってきたんだろうな、と思いました。

私も、一応その話に乗って、世界で初めて『ギルガメシュ叙事詩』を経済学的に扱った話も入れようとなったんです。

その後、第1章のはじめの部分を12ページくらい書いて彼に渡しました。すると、彼から電話がかかってきて、「面白くて、もう徹夜で読みました」と言われました。そして、自分は実は出版社の人間ではないけれど、なんとか本にしましょう、と言ってくれたんです。

次ページ「資本の論理」ではないものの力
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT