経済成長への「病的な執着」は日本を滅ぼす

異端の経済学者・セドラチェク、吼える

――え、出版社の人間ではなかったんですか?

そのとき思ったのは、この人はちょっとおかしいのではないかと(笑)。だいたい、善と悪とか、倫理とか、こんなオルタナティブな方法で経済を扱って、読んでくれる人がいないんじゃないかと私は心配してたんです。

ところが、これは後から知ったんですが、彼は親戚から大金を借りて費用を出してくれたらしいんです。彼は、自分にはおカネがあるから、と言っていたんですが、実はそのとき文無しだった。

何かの間違いからベストセラーが生まれた

――それで、本が出版されてしまった?

はい。しかも、私の本の初刷は5000部でした。5000部と言ったらすごい部数です。このご時世、チェコでは最初から5000部刷るなんてありえません。でも恥ずかしいというか、うれしいというか、出版後に彼から電話が来て、1週間たらずで、なんと完売。

そのあと彼は、イケアの袋に私の本をたくさん入れて、何のアポもなしに、いきなりフランクフルトブックフェアに売りに行ってくれたんです。ドイツで一番大きな出版社のブースに行って、「チェコで1週間で5000部売れたすばらしい本だから、版権(翻訳権)を買ってくれ」とアピールしたんです。 

でも、やはり門前払いされてしまった(笑)。しかし結局、チェコ共和国初代大統領のヴァーツラフ・ハヴェルが「前文」を寄せているのに興味を示してくれたり、いろいろあって、オックスフォード大学出版会から英語版を出したいという話が来たんです。でもその情報が入ったとき、私はだまされていると思いました。そんなこと、ありえないと。しかし本当だった。

――資本の論理とはなにか別のものによって、本が生まれたと。

私は、最初から本にするためにモノを書いたわけじゃないし、飲み屋で知り合った彼にしたところで、「おカネのため」というだけではなかったのではないでしょうか。言ってみれば、なにかの間違いで、本が生まれた。資本主義の本質、人間の欲望を問い直そうとした本書『善と悪の経済学』は、そんな運命的な出自を持っているんです。

(撮影:尾形 文繁)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT