経済成長への「病的な執着」は日本を滅ぼす

異端の経済学者・セドラチェク、吼える

異端の経済学者が、縦横無尽に語る
神話、歴史、哲学などの切り口から経済学のあり方を問い直した『善と悪の経済学』は、15カ国語に翻訳、欧州でベストセラーとなり世界中で話題を呼んでいる。その著者で、プラハ・カレル大学在学中にチェコ共和国のヴァーツラフ・ハヴェル初代大統領の経済アドバイザーを務めた気鋭の経済学者、トーマス・セドラチェク氏に、現在の経済社会が抱える危機について話を聞いた。

いまの経済は、「躁うつ病」的だ

現代を支配する主流派経済学は、とんでもない問題を抱えている。失われた経済思想の魂を鮮やかによみがえらせた衝撃の話題作

――セドラチェクさんは、今の経済をどのように見ていますか。

私は、いまの経済は「躁うつ病」的になっていると考えています。経済がいいときは、どんどん調子に乗って加速しようとし、落ち込むときはその落ち込み幅がすごくなる。成長、成長と追求して、ものすごいスピードで壁に衝突する。

これは、経済全体の話であると同時に、個人の話でもあります。おだやかに暮らすというのではなく、もっと稼いで、大きく使って、と。振れ幅の大きさをみんなが求めている。政府が成長を求めるのも、国民がそれを求めているからですよね。

私たちは、いつまで成長至上主義を続けるのか。もうそろそろ、成長マニアであることを止めないと。

そのためにはまず躁うつの躁の部分を変えないといけません。

次ページみんなが「躁」にとらわれる理由
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。