フェラーリの4人乗り「GTC4ルッソ」の実力

「競合はレンジローバー」SUVブームへの回答

フェラーリ新型GTC4ルッソを試乗──“ライバルはレンジローバー”の理由【インテリア篇】

今の時代の「真のラグジュアリィ」とは

7月初頭の南チロル地方は、バカンスシーズンが既に始まっていた。どこもかしこも休日を楽しむクルマやバイク、自転車だらけ。その中をゆっくり、時には大渋滞に巻き込まれながら、GTC4ルッソを流す。

これまでの跳ね馬であれば、クルマから“さぁさぁ、もっと踏めよ、走れよ”と煽られながら解放できないという状況に、乗り手の欲求不満は溜まる一方だったはず。

GTC4ルッソは、違った。のろのろと走っているときでも、パワートレーンのマナーが素晴らしい。V12はあくまでも静かな音色を奏でており、耳に心地よく、心を落ち着けていられる。乗り心地だって、硬めだが心地の悪いものじゃない。この余裕の持たせ方こそ、今の時代の“真のラグジュアリィ”というものだろう。高級車をイライラしながら運転することほど、みっともないことはない。金持ち喧嘩せず、そして苛つかず。そんな心境になるクルマなど、これまで、ロールスロイスとベントレーしかなかった。

加速の安定感はほとんど完璧

もちろん、その真骨頂はスロードライブにあらず。GTC4ルッソが実現した、最新最高のGTパフォーマンスは、そのスピードを徐々に上げて行くなかで、誰でもすぐさま実感することだろう。自然吸気のV12は常に滑らかかつスムースに回る。適切な力を供給しつつ、加速の安定感はといえば、発進から高速域まで、ほとんど完璧。スリルに乏しいのが残念に思うくらい、速度感がない。

スポーツカーとしても、楽しい!のひと言。新しい4RMシステムのおかげで、タイトベントから高速コーナーまで、ドライバーが多少クルマに無理強いしても、まるで意に介さず、きれいな弧を描いて曲がっていく。まるで、運転が急に上手くなったような気分になる。

高回転域におけるV12自然吸気のエンジンフィールは世界最高

なにより、高回転域におけるV12自然吸気のエンジンフィールはこの上なく胸のすくもので、世界最高だと断言する。スムースさと気持ち良さという点で、これ以上のエンジンなど他にない。完璧に伝統的なフェラーリ ワールドでもあった。

結局、ドライバーはずっと“楽しい気分”でいられた。ドライバーズカーの何たるかを熟知し、他の人気ミドシップロードカーや、カリフォルニアT、F12といったFRモデルとの差別化を重要視した、今のフェラーリ社らしい、それはクルマ造りだと言っていい。

(文:西川 淳)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT