フェラーリの4人乗り「GTC4ルッソ」の実力

「競合はレンジローバー」SUVブームへの回答

まるで、運転が急に上手くなったような気分になる、GTC4ルッソ

「フェラーリ フォー(FF)」の後継車として、今年3月にジュネーブでデビューを飾ったニューモデル「GTC4ルッソ」。フェラーリにおける現代の“真のラグジュアリィ”とは何か。北イタリアで試乗した。

ライバルは、レンジローバー

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

北イタリアのスッドチロル(南チロル地方)で行なわれた国際試乗会。ディナーの席で筆者の隣に座ったGTC4ルッソの商品企画担当者が、自信たっぷりにこう言い放つ。「ライバルは、レンジローバーですよ」。

フェラーリの人間が、具体的な車名を挙げてライバルだというのも稀なら、その相手が、いかにロイヤルワランティ(王室御用達)のブランドとはいえ、英国のレンジローバーというSUVであるというのもまた異例であろう。世界中のジャーナリストから何度も聞かれたことだろう、「フェラーリもSUVを造る予定はないのですか?」という質問を先取りしての、それは宣言だったのかもしれない。

SUV=スポーツで、ユーティリティがある、ヴィークル。何も、背が高いことや、ロードクリアランスの大きいこと、だけがSUVの必須条件ではないだろう。そう考えれば、この新型フェラーリもまた、世界中のSUVブームに対するフェラーリ流の回答、と言うこともできよう。

GTC4ルッソは、そのシューティングブレークスタイルで世界中のクルマ好きに衝撃を与えた、フェラーリ フォー(FF)の後継モデル(ビッグマイナーチェンジ)だ。4シーター4WDという基本的なコンセプトやデザインシルエットなどはFFを引き継ぐものの、たとえばボディパネルにはFFと同じものなどまるでなく、ルーフラインまで変えられた。見た目のスポーティさがより増して、FFよりもアグレッシブな佇まいである。

次ページ唯我独尊の世界観を誇示していきたフェラーリが
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT