フェラーリの4人乗り「GTC4ルッソ」の実力

「競合はレンジローバー」SUVブームへの回答

まるで、運転が急に上手くなったような気分になる、GTC4ルッソ

「フェラーリ フォー(FF)」の後継車として、今年3月にジュネーブでデビューを飾ったニューモデル「GTC4ルッソ」。フェラーリにおける現代の“真のラグジュアリィ”とは何か。北イタリアで試乗した。

ライバルは、レンジローバー

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

北イタリアのスッドチロル(南チロル地方)で行なわれた国際試乗会。ディナーの席で筆者の隣に座ったGTC4ルッソの商品企画担当者が、自信たっぷりにこう言い放つ。「ライバルは、レンジローバーですよ」。

フェラーリの人間が、具体的な車名を挙げてライバルだというのも稀なら、その相手が、いかにロイヤルワランティ(王室御用達)のブランドとはいえ、英国のレンジローバーというSUVであるというのもまた異例であろう。世界中のジャーナリストから何度も聞かれたことだろう、「フェラーリもSUVを造る予定はないのですか?」という質問を先取りしての、それは宣言だったのかもしれない。

SUV=スポーツで、ユーティリティがある、ヴィークル。何も、背が高いことや、ロードクリアランスの大きいこと、だけがSUVの必須条件ではないだろう。そう考えれば、この新型フェラーリもまた、世界中のSUVブームに対するフェラーリ流の回答、と言うこともできよう。

GTC4ルッソは、そのシューティングブレークスタイルで世界中のクルマ好きに衝撃を与えた、フェラーリ フォー(FF)の後継モデル(ビッグマイナーチェンジ)だ。4シーター4WDという基本的なコンセプトやデザインシルエットなどはFFを引き継ぐものの、たとえばボディパネルにはFFと同じものなどまるでなく、ルーフラインまで変えられた。見た目のスポーティさがより増して、FFよりもアグレッシブな佇まいである。

次ページ唯我独尊の世界観を誇示していきたフェラーリが
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT