痛すぎる、右派政治家の言語感覚

島田雅彦×波頭亮 日本の精神文化のゆくえ(下)

若く能力があり、意識の高い人間のなかには、もう日本国内でキャリアを重ねていくという発想がなく、海外を仕事の中心に据えている人もいます。

そういう人間がグローバル・コーディネーターとしてのトレーニングを積んでいけば、十分に国際的地位のアップに資するマンパワーを高めることは可能だと私は考えています。

島田:まったく異なる次元ですが、日本のサッカーは経済が傾いてから強くなり、世界にも人材を送り出すようになりました。なかでも、中村俊輔、本田圭佑、香川真司など、優れたミッドフィールダーを数多く輩出しています。つまり、国民性として、周りをつなぐ調整役が向いているのかもしれない。

波頭:なるほど。ミッドフィールダーの国民性ですか。そうかもしれませんね。若い世代が内向きの文化から、オープンでグローバルを見据えた思考や発想ができる文化へと生きていく目線を転換してくれるといいですね。日本の活路はハイテクやIT技術よりもこの辺りにあるのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT