“超”優秀な人材が、NPOに押し寄せる理由

企業とNPOが人材を奪い合う時代

日本のNPOの可能性を限界まで追求したい

今回紹介したメンバーのほかにも、クロスフィールズには熱くて優秀な仲間たちが少しずつ集まってきている(エネルギッシュな女性が多くて、僕はいつも押されぎみだが……笑)。

クロスフィールズで働くメンバーと。皆、「想い」に共感して集まってくれた大事な仲間たちだ

それぞれすごく個性的なメンバーでもあるが、全員に共通しているのは、何かしらの「想い」を団体のミッションと重ね合わせているということだ。ただ単におカネを稼ぎたいという目的ではなく、「想い」をベースにしているからこそ、これだけのメンバーが集まっているのだと思う。

でもだからといって、NPOは「想い」がベースだから給与は犠牲にするというのはおかしな話だと、僕たちは同時に思っている。「NPOは利益を出すな」というのが誤解であるように、「NPO職員はカネを稼ぐな」というのも間違った発想だ。

社会課題が山積する日本社会において、政府がすべての社会サービスを担い続けることは不可能だが、かといって企業が参入できる領域も限られている。そんな中、社会がNPOに期待する役割はますます大きくなっている。

にもかかわらず、日本のNPOをめぐる状況はまだまだ厳しい。ある調査によれば、日本のNPO職員の平均年収は200万円を下回っているという。これでは家族を養っていくこともできず、男性が結婚して子供が生まれると退職する「男の寿退社」があるというのが、NPO業界の悲しすぎる現実だ。

先ほど僕たちがNPO法人で起業した理由を2つ説明したが、実はもうひとつある。自分たち自身がNPO法人として先陣を切って走っていくことで、NPOで働くとことがカッコいいと思われるような世の中を創っていきたいと考えているのだ。

「想い」を体現しながらイキイキと働くことができ、ビジネススキルも磨けて、そしておカネだってちゃんと稼げる。そんな「カッコいいNPO」に自分たちが成長していくことで、世の中の常識を変えていきたい。

ちなみに、そんなクロスフィールズでは今、活動に加わってくれる仲間を募集中です(笑)。まだまだ高い壁を数多く乗り越えなければならない段階ですが、よかったら僕たちと一緒にカッコいいNPOを創っていきませんか?

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT