英語に100万円かけるなら、スピーキングだ

ビジネスパーソンの英語学習法(その2)

読める、聞けるだけでは仕事はできない

たとえば、相手が言っていることが理解できたとしても、こちらが何も言えないのでは、コミュニケーションは成り立ちません。また、Eメールが読めても、書くことができなければ、仕事はできません。

ある企業では、従来のTOEIC試験 (LR)で900点を取った社員には、100万円のボーナスを支給するそうです。

そうするとどうなるか? 確かに社員は、テストのウォッシュバックで、一生懸命英語を勉強するでしょうが、結局机でマークシートを塗る練習をし、900点を取り、リスニングとリーディングの技能は向上するものの、英語を話せるようになることはないでしょう。英語を話せるようになってほしいという経営側の思惑とは、別の方向に行ってしまうのです。せっかくの100万円はムダ打ちになってしまうかもしれません。

従来のTOEIC試験は、リスニングとリーディングの力を測るのには、優れた試験かもしれませんが、実際に英語を話したり書いたりして、仕事で使う力を試してはいません。

テストを切り替えるだけで社員は話せるようになる

もしも、社員に英語を話す力を求めるのであれば、経営者の皆さんが、やるべきことは簡単です。スピーキングテストを評価基準にしてしまえばよいのです。

どうせ100万円を支給するなら、TOEICスピーキングテスト170点、もしくはブラッツスピーキングテスト(英検と英ケンブリッジESOLが開発したビジネス英語能力テスト)でC1レベルを達成した人に支給すると決めればよいと思います。そうすれば、社員の皆さんは、マークシートから離れて英語を話す勉強を必死でやるでしょう。また、研修業者もTOEIC LRテスト対策ばかりでなく、スピーキングの研修に力を入れ始めるはずです。

次ページ研修はアクティビティ中心に
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。