銅市況のカギ握る中国

非鉄金属は、世界景気の「体温計」

非鉄金属の主な用途と消費量の推移

非鉄金属の主要な用途を挙げると、以下の通りになる。
銅…銅線、銅管
亜鉛…メッキ、黄銅、ダイカスト、化成品
鉛…蓄電池
ニッケル…ステンレス鋼、特殊鋼、メッキ、二次電池

まず、銅は青銅器や銅貨の話題を持ち出すまでもなく、最も古くから使用されている金属の一つだ。現代においても銅が貨幣として利用されているのは、金や銀に次いで希少性が認められているからにほかならない。しかし本稿で注目したいのは、電線向け用途としての銅である。近代化、工業化が進む過程において、送電を目的とした電線需要は増加する。また、銅線は地域間送電のためだけではなく、通信用や家電製品、建築物内配線、自動車内配線など幅広く利用されている。

次に、亜鉛は、鉄よりも水に強い特性がある。そのため、防腐用として鋼板メッキ(亜鉛めっき鋼板)に最も多く利用されている。黄銅は亜鉛と銅との合金であり、熱伝導性・導電率共に優れているため、家電製品や電子機器などに使用されている。

鉛は特殊な金属であり、用途の約80%が蓄電池向け需要となっている。ニッケルはステンレス鋼の原料として使われる割合が、約60%となっている。ステンレス以外の用途では特殊鋼や合金、また近年では電池への利用が増加している。

次ページ銅の需要は減っているようだが・・・
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。