為末さん、スポーツの目的って何ですか?

勝利? それとも、エンタメ性?

田中:なるほど。では2つ目のお話を伺いたいんですが、為末さんは、引退後のスポーツ選手がどう生きていくかをテーマのひとつとして持たれているようですが。

為末:はい。

田中:今日、ちらちらググッてスポーツ産業のデータを拾いまして、紙の裏をご覧いただけますか。

為末:おおっ、さすが元マッキンゼーのコンサルの方ですね(笑)。

田中:引退したスポーツ選手がどう生きていくかを考えるに当たって、スポーツ産業の現状を調べてみました。広義にとらえたスポーツ産業は11兆円と非常に大きなマーケットです。狭義にとらえても6.5兆円で、これがいわゆるスポーツ産業。具体的にはSpectator(観客)スポーツ産業と、Doスポーツ産業です。

でも、Spectator(観客)スポーツ産業のスポーツ興行団になると、いきなり小さくなって1292億円。全体のわずか1%です。

で、このスポーツ興行団の収入がもっと大きくなれば、単純に選手の収入も増えて、そこで新たな雇用も生まれる。たとえば、引退後に選手の個人トレーナーになる、とか。だから、「スポーツ興行団の収入をいかに増やすのか?」が大きなイシュー、つまり、これさえ解ければスポーツ産業の多くの問題を解決できる、重要な課題だと考えました。

じゃあ、どうやって増やすかですが、観客を増やすとか、テレビでもっと放映するという方法以外に、周辺マーケットに進出することで増やせないか。たとえば民間のフィットネスクラブのようなDoスポーツ産業と組むようなアプローチができないかなあと素人的には思ったんですよね。

スポーツに入ってくるおカネが少ない

為末:僕、スポーツ興行団のところは、スポーツを見るという意味では、実はそんなに小さいマーケットではないと思うんですね。なぜなら、日本はスポーツをテレビで見るという文化がありますから。テレビの広告収入が、たぶんスポーツ興行団のところに入るべきなんじゃないかと思うんです。ワールドカップやオリンピックのスポンサー収入とかって大きいですよね。

田中:はい。

為末:ただ問題はその後、スポーツ界に入ってくるおカネが微々たるものということで。要はそれらを大きくくくっているところが持っていく(笑)。まあ当然、仕組みを作ったところが利益を得て、協会が利益をもらって、最後に選手がある意味、出演者として利益をもらうというカタチになっている。だから、オリンピックであれだけ巨大なおカネが動いても、最後、選手に入ってくるときは、メダル取っても100万円みたいな世界で。

田中:テレビ局がいて、電通的なところがいて、協会があって……。言い方は悪いですけど、搾取モデルですね(笑)。

為末:アハハハ。

田中:それもひとつ、スポーツ興行団収入のボトルネックになっていると。

次ページマラソンが発展したワケ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT