一流ホテルで浮く人はどこがズレているのか

「他者に不快感を与えない」が基本ルール

身だしなみにしても服装にしても、他人がどう感じるかがマナーの基本(撮影:風間仁一郎)
宿泊だけではなく、婚礼、会議、会合、会食など人と会うことが多いホテル。だからこそ大事になるマナーがあります。特にハイクラスホテルでの振る舞いには、迷った経験がある人も多いのではないでしょうか。
チャールズ皇太子やオバマ大統領をはじめとする、「世界のVIP」をもてなしてきた老舗一流ホテル「ホテルオークラ」の元総支配人であり、『一流の品格を育てる ホテルオークラの流儀』の著者である石原直氏に、ハイクラスホテルでのマナーを、ご自身の体験を交えながらお話いただきます。

※前回記事:「一流ホテルで朝食」が有益なこれだけの理由

ドレスコードは「他者に不快感をあたえない」を基準に

マナーとは何でしょう。行儀、作法などいろいろとあるでしょうが、オックスフォード辞典によると、way of behaving toward others(他人に対しての振る舞い方)という言葉がでてきます。身だしなみにしても服装にしても自分がどう思うかではなく、他人がどう感じるか、がマナーの基本ということなりそうです。

「ホテルに行くのだから上着を着なくちゃいけませんよね」などとよく聞かれることがあります。そのときに考えるべきことは、それはホテルへ行くからではなく、そこで会う人たちにどのように映るか、ということです。

大事なことは、きれいに着飾るとかいうことではなく、「周囲の人に不快な感じを与えない」ということです。

よって、カジュアルなコーヒーショップに入るのには特別な服装は求められませんが、格式あるレストランでは「それらしい」服装が必要になるのです。

それらしい、と言葉を濁しているのはそれぞれの店によって違うからです。お店の方針とそこを利用する人たちにより、お店は作られていますので、お店のTPOにあわせた服装を心がけてください。

次ページ基本のドレスコードは「ジャケットを羽織る」こと
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT