一流ホテルで浮く人はどこがズレているのか

「他者に不快感を与えない」が基本ルール

また、ナイフとフォークを両手に持ち、それを「立てて」話しをするのは避けましょう。なぜかというと、ナイフは「凶器」なのです。立てると、相手に対して、刃を向けていることになってしまいます。

和食のマナーはやはり難しく、美しく食べるということが求められます。私にはそれをお話しする資格はありませんが、ただ、食べ終わった後に見苦しくないようにすることは心がけています。

テーブルマナーとは料理をおいしく食べる、そして一緒にいる相手にもおいしく食べてもらうために、不快な思いをさせない、そのためのルールです。

ですから、これはホテルでの食事だけの話ではありません。ぜひ日ごろから意識してみてください 。

ホテルごとに存在する「ルール」に素直に従ってみる

書影をクリックするとアマゾンの販売ページにジャンプします

最後に、ホテルマンの側からこっそりお伝えしたい、おまけのマナー知識をお話します。

ホテルはスモールコミュニティといわれます。多種多様な人が集まる、ある意味で開かれた空間です。しかし、室内でもありますし、さまざまな目的の方がいらっしゃいます。ですから、ホテルの中では、大声を出さないほうがよいですし、走るという行為も、避けていただければありがたいです。ハイクラスの大型ホテルのロビーは広いですから、急ぐときにはつい小走りになったりしますが、実はこれは厳禁です。

自分が宿泊客であったり、パーティの主催者であったりすると、ついつい自分の行動に甘くなりがちですが、周囲の人たち含めて、すべてがホテルにとってはお客様です。よろしければ、お客様としての「気遣い」も持っていただければありがたいです。ホテルにとっても、大切にしたいお客様となります。

さらに、大切にしたいお客様として、「ホテルごとのルール」に準じてサービスをうけることをよしとしていただく方は、マナーがよいともいえます。

たとえば、ホテルオークラで提供させていただいたサービスを、「オークラがやってくれた」といって、他のホテルにも強く要求するのは、 どうでしょうか。オークラはオークラの経営理念や運営コンセプトに基づいた「流儀」があり、他のホテルでは、そのホテルに基づいた「流儀」にのっとって、個性や差別化を図っています。

よろしければ、各ホテルの「おもてなしのルール」を素直に受け入れ、それを楽しんでみていただけたら。ホテルの個性や違いもわかり、皆様の滞在がよりポジティブに、さらに充実したものになると確信しています。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT