手足を切るような”大リストラ”が始まる 城繁幸氏と考える「日本に依存しないキャリア」(上)

✎ 1〜 ✎ 19 ✎ 20 ✎ 21 ✎ 最新
拡大
縮小

グローバルエリートからの講評

今回、私が尊敬する城繁幸さんをお迎えし、約6年ぶりに対談させていただけたことをうれしく思う。ここだけの話、対談当日、東洋経済本社の場所がわかりづらくて、雨が降っていることもあり立ち往生して30分も遅れてしまい、新米編集長と城さんの怒りがあふれる中での対談となってしまった。結局、三越前の駅まで編集長に迎えに来てもらい、「大物の先生相手でも私、駅まで迎えに来たことないですよ、、、」と嫌味を食らいながらも、駆け足で対談させてもらった。

違った意味での緊張感あふれる対談になったわけだが、問題意識はグローバル市場を見ている私と、国内市場で若者のキャリア問題で第一人者であられる城さんとは本質的に共通点が多かった。

まずグローバル金融にしても国内電機産業などのメーカーにしても、2000年代初頭と異なり解雇されても国内で行く場所がない。国内に雇用の受け皿がない時代に突入していることに、十分な備えがなく緊張感の足りない若者がいまだに多いということである。

死にもの狂いで努力しなくても、父母や祖父母の貯金や社会福祉で食べるのに困らない、と書くと“本当に困っている人の生活を知らない”と怒られるのだが、少なくとも世界で困っている人のスタンダードに比べれば果てしなく恵まれている。

ただ真意を誤解してほしくないのだが、これでもって生活保護がなければ子供を学校にも病院にもやれない母子家庭のお母さんから、生活保護を打ち切れなどとけしからんことを言っているわけではない。あくまで、まだやれるのにインドや中国、東南アジアと競争するうえで相応の努力をしていないのに従来どおりの賃金水準を企業に求め、日本にとどまってビジネスをしてくれている企業をブラック企業呼ばわりして文句を言っている人たちに、世界的な視点でビッグピクチャーを見てほしいのだ。

こんな警鐘を鳴らすとまた、ようやくプロレスファンの怒りが収まった直後なのに、今度は若年失業者の皆さんからお叱りを受けそうだが、危機感を持って生産能力を高め、好きな仕事を得るために死にもの狂いの努力をしてくれる人が少しでも増えれば望外の喜びである。

城さんとの対談後編では引き続き、企業の役割と労働者が企業に何を期待すべきなのか、さらには、日本企業が国際的企業と競争して最高の人材を引き付けるにはどうしたらいいのか、皆様と一緒に考えたいと思う。

※ 対談の続きはこちら:

(中)若者にワークライフバランスなんていらない

(下)稼げないあなたに、会社はもう投資しない

(撮影:今井康一)

ムーギー・キム 『最強の働き方』『一流の育て方』著者

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

Moogwi Kim

慶應義塾大学総合政策学部卒業。INSEADにてMBA取得。大学卒業後、外資系金融機関の投資銀行部門にて、日本企業の上場および資金調達に従事。その後、大手コンサルティングファームにて企業の戦略立案を担当し、多くの国際的なコンサルティングプロジェクトに参画。2005年より外資系資産運用会社にてバイサイドアナリストとして株式調査業務を担当した後、香港に移住してプライベート・エクイティ・ファンドへの投資業務に転身。英語・中国語・韓国語・日本語を操る。著書に『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』と『一流の育て方』(母親であるミセス・パンプキンとの共著)など。『最強の働き方』の感想は著者公式サイトまで。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT