文章のプロは「音声入力機能」でここまでやる

論理的に話す訓練も、長文執筆も簡単に!

Googleドキュメントならば、どんな端末からも最新のドキュメントを読むことができ、編集もできます。編集作業は画面が大きいほうが容易にできるため、私はiPhoneよりもiPadを用いることが多いです。入力は画面の仮想キーボードを用いたり、音声で行なったり、場合により適宜使い分けています。Googleドキュメントのようにデータがクラウドにあって同期されている場合には、iPhoneとiPadの2つの端末を同時に使うことも可能です。「順序の入れ替えや仮想キーボードによる文字入力はiPadから行い、iPhoneからは音声入力する」という方法です。

最も困難なことを音声入力が解決する

書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

その後、PCのテキストエディターにデータを移して本格的な編集作業に入ります。全体を一覧して把握するために紙にプリントして編集し、再びテキストエディターで編集をしたら、原稿ができあがります。

この方法で入力と誤変換修正に2時間かければ、400字10枚程度の原稿を書くことができるので、10日以内で1冊の本を書くことができる計算になりますが、実際は能率が劇的に上がるわけではありません。なぜなら、音声入力で文章を書くスピードは、書く内容をすでに持っているかどうかで、大きく変わるからです。実際には、本を書く作業の大部分は、すらすらと書き進めることではなく、考え込んだり、分析をしたり、データを集めたり、調べ物をしたりすることに使われます。

確実に言えるのは、書くことが楽になるということです。文章を書く際に最も困難なのは、「書き始める」こと。その過程が音声入力によって終了するのです。

文章を書く作業のスタートがこんなに簡単になったのは、革命的なことです。音声入力の効果としては、文章を「速く」書けることよりは、「楽に」書けることのほうがずっと大きいのです。

なお、原稿を書くケースについて詳しくご紹介しましたが、長い文章だけでなく、短いメモに使うこともおすすめです。 仕事のメール文や議事録、企画案の作成、新商品のアイデア開発など、さまざまな場面で力を発揮するでしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
クスリの大罪<br>製薬会社、医師、薬局…癒着の構図

薬の処方はどうやって決まるのか。「病状」だけだと思ったら大間違いだ。製薬マネーを介した癒着の構図を明らかにし、学会有力者への謝礼金リストを初公開。ムダな薬による深刻な健康被害にも言及。その薬、本当に必要ですか?