藤田晋(下)「これからはオタクよりも経営者」

自分で作る力よりも、集団を束ねる力

――傲慢という意味ではなくして、正しく威張るということですか。

要は、リーダーシップの手法はみんな違いますが、とにかくリーダーは、どのような手を使ってでも、みんなを1つにまとめて言うことを聞かせないといけません。若い経営者が、社員となあなあでやっていては、それは難しいですよね。

それでも結局は、一人で会社の株を持って、社長をやって、覚悟が決まっていれば、なあなあにはなれないですから、それに耐えられる奴じゃないとそもそもダメです。みんなに好かれようとしすぎる人は、ダメですよ。話にならない。もちろん、嫌われすぎてもダメです。嫌われると、社員が言うことを聞かなくなりますから。

若さと経験

愛されながらみんなにやる気を起こさせて結果を出す人もいるし、嫌われてでもみんなを正しいことに導いて結果を出す人もいる。リーダーシップの形は多種多様であっていいと思いますよ。

ただ、そもそものリーダーの役割を忘れている人もいますよね。国の総理大臣でも、みんなにいろんな意見を言わせて何も決めなかったら、何もやってないのと一緒ですからね。誰もわからないところで、バーンと方針を決めて、皆をそこに向かせないとダメです。

――藤田さんは、数億円、数十億円の案件でも、パッパと数秒で判断するそうですが、そうした判断力は経験によって培われるものですか。

そういう面もありますが、一方で経験があるとひるんだりもしますから、微妙なところですね。若いからこそ勢いで一気に決められるときもあるし、逆に経験で踏みとどまってしまうというときもあります。

――30代は、経験と勢いのバランスがちょうどいい?

僕は一番いいと思ってます。今39歳ですけど。

――今年40歳の不惑を迎えます。

まだ半年あるので、考えてもいないです。ただ、僕はもう随分前から不惑です。

――藤田さんの精神年齢は何歳なんでしょうか?

いや、わかんない(笑)。

――もう還暦ぐらいでしょうか。

26歳から上場してますからね。

次ページバイアウトが盛んになればいい
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。