藤田晋(下)「これからはオタクよりも経営者」

自分で作る力よりも、集団を束ねる力

――起業やベンチャーの息吹はまたよみがえってきていますか。最近は、ベンチャーではなく、スタートアップと言う人もいますが。

スタートアップというのは、かっこよく名前を言い直しただけですよね。ベンチャーは一時、よみがえりかけたんですけど、さっき言ったように、だんだん開発が大型化しているので、ちゃんと腹をくくれているリーダーでないと難しいですよ。チャラチャラした感じでやると、昔のビットバレーみたいになっちゃいます。なんか雨後の筍みたいにわっと出てくるけれど、どれもなくなってしまうことになりかねません。

最近は、VCの投資案件の数を見ても、ちょっと停滞ぎみかなという印象です。開発が大型化したことによって、新しいプレーヤーが既存の強いプレーヤーに勝つのが、以前より難しくなっています。

――そうすると、自分で企業を大きくするより、会社を既存のメインプレーヤーに買ってもらうことを考えたほうがいいですね。

起業でもいいと思うんですが、どこかで会社を売ることも選択できるようになったほうが、本当はいいですよね。日本社会には、売ったら負けみたいな感じがあるので。

――藤田さんは、自分より下の世代に対して、物足りなさみたいなものを感じていますか。もっと自分を脅かすような人がいっぱい出てきてほしいですか。

本当はもっと出てこれると思うんですけどね。もし出てきても、ビビりはしないですよ(笑)。それによく考えたら、きっと出てきても出てこなくてもどっちでもいいや、っていうのはありますね。

――何で出てこないんでしょうか。

やっぱり日本社会にそういう空気感がないですよね。シリコンバレーにいれば、みんな起業したくなるし、可能性に懸けてみたくなると思うんですけど。

日本は起業したら、もう上場するぐらいしかない。でも、上場しても本当に小粒の会社というのは、それでいいのかという感じになってしまうし、そもそも上場自体が確率の低い話に聞こえてしまう。シリコンバレーみたいに、バイアウトが盛んになって、創業1年の会社が何十億円で売れたといった話が出てくれば、自分もやってみようかなという気になるんですけど、そういう話がちょっと少ないですよね。

(撮影:今井康一)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT