資源高で独り勝ち 最高益続く総合商社

総合商社の2008年3月期決算は、各社とも最高純益を連続更新した。資源高によって資源権益から高水準の儲けを確保したうえ、新興国の需要増で機械や化学なども好調だった。

大手5社は09年3月期も増益を見込む。中でも三菱商事は純益5800億円、前期比25%の大幅増益を計画している。同社は原料炭で世界3位(海上貿易ベース)の権益量を持っており、その原料炭価格が、08年度は前年度比3倍超に値上がりする。水野一郎CFOは「(原料炭の値上がりで)1500億~2000億円の増益要因」と話す。

もっとも、この現実を素直に喜べないのも事実。資源高で業績悪化となる鉄鋼メーカーや自動車メーカーなどとの取引も多く、儲けすぎ批判が出かねないからだ。ただ、この批判はお門違いの面もある。三菱商事が豪州の原料炭権益へ約1000億円を追加出資したのは01年。他商社も苦しい時期にリスクを取った結果として現在がある。むしろ、各社とも非資源分野での成長戦略に課題が多い。
(山田雄大 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。