さあ、会社と役員を巻き込もう!

まさかの人員削減で、万事休す?

周囲を引きずり回すくらいでいい

「これお願い!」

そう言われてキホン断らない。肩書きや役割にとらわれず、力を発揮する。ヤフーの現場には、そんな社員がたくさんいるのだ。

ヤフーに入社する前、まだ社会人数年目だったとき、上司が「電通鬼十則」というのを机に貼っておけと言って教えてくれた。暗記はできなかったけど、特に頭にこびりついている言葉。

「仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない」
 「周囲を引きずり回せ。引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地の開きができる」

鬼十訓はほんとは10個全部つながってて、全部やらないといけないのかもしれないけど、それはともかく、営利ビジネス以上に「ぐっとくる社会貢献」や震災支援をやっている人たちは、自ら課題を見つけ、仕事や活動を創りまくって、周囲の人たちに賛同してもらい巻き込みまくりながら、やってみたいことをガンガンやってみる、という人が多い。

もちろん、何でもがむしゃらにやればいいというわけじゃない。時間も予算も人手も限られる中にあって、よりよい結果に“最短距離”でたどり着くための、課題解決のやり方が必要だ。

実はヤフーには、その手法を学ぶことができる「私塾」がある。執行役員であり、事業戦略統括本部長である安宅和人による秘密結社(!?)、世の中の課題を解決しまくっているマッキンゼー出身者も恐れおののく「安宅塾」である。(次回に続く)

(構成:渡部 由美子)

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • トランプ派メディアの実態
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。