さあ、会社と役員を巻き込もう!

まさかの人員削減で、万事休す?

「絶対ありえない!!」とか言いながら、すぐさま会場に見当をつけて下見に行き、メディアの方に声をかけ、初の試食会までセッティングしてくれた。

その会見の様子を、複数のメディアが記事として取り上げてくれたおかげで、「復興デパートメント」のことをかなり世間に知ってもらうことができたのだ。

次回の連載で紹介する、昨年5月に石巻で行った「現地座談会」についても、ほぼ安田のアイデアだ。

「役員も一緒になって石巻の人たちの前で発表しないと、ヤフーが会社として復興に取り組んだことにならないでしょう? それに、ヤフーがこれから何をやっていくかを、役員にも現地で一緒に考えて、認識してもらう必要があるんじゃないの」

その考えに、僕も同感だった。当然、役員には事前に発表資料を報告しているのだが、今後、復興事業を拡大していくためには、現地で行う座談会にも足を運んでもらったほうがいい。

広報・安田さんの巻き込み力も相当のものだ(写真後列左)

問題は役員のスケジュールの確保だ。当時、ヤフーは新体制になったばかりで、就任直後の役員は猛烈に忙しかった。ただ、仕事柄、役員とも頻繁にやり取りするポジションにあった安田は、現地座談会の直前にもかかわらず、何とか調整して、社長の宮坂、現副社長の川邊、執行役員の安宅(あたか)和人らの時間を確保してきた。彼女の“巻き込み力”も相当のものだ。

無茶ぶり全開な進め方ではあったが、結果的に、役員3人に石巻まで足を運んでもらった。現地を実際に目で見、肌で感じてもらい、現地のキーパーソンの方々とも交流を深めてもらうことができた。

それにより、“ヤフーの復興事業計画”について、社内で共通認識を高めることに成功した(と思う)。企業として復興支援活動を続けるに当たって、これは重要な過程だっただろう。

考えてみれば、僕らはいつもそんな、「綱渡り状態」で進んできた。こうやって振り返っていると、「このときもひどい目にあった。あのときもひどかった」と安田が「思い出し怒り」をして、またどやされるかもしれないが……(笑)。

次ページ仕事を創り、周囲を引きずり回せ!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?