水産物の「地産地消制度」、消費者の利点は?

米国で広がる加工・卸業者通さない流通手法

地域支援型漁業によって、漁師たちは、普段は市場に並ばないような魚も消費者に届けることができる (写真:Yuzu Image/PIXTA)

ほとんどの消費者は現在、地域支援型農業(CSA)について聞いたことがある。生育開始時に農場の一株を購入する見返りとして、1週間分の生鮮食品を割り当てられる仕組みだ。米国では1980年代から広がった。農家が収穫に対して公平な賃金を得られるとともに、資金支援を行った消費者は新鮮で、大抵は有機栽培された野菜や果物を受け取る権利を保証される。

一方で、地域支援型漁業(CSF)は歴史が浅いこともあり、あまり知られていない。2007年にメイン州で始まり、2015年9月現在は北米39ヶ所で行われている。CSAを水産物に適用したもので、CSFの加入者は漁場の一株を購入。この支払金は通常、加工業者や卸業者などを介さずに直接、地元の漁師に回され、彼らの収入安定に寄与する。

漁師は見返りとして、水揚げしたばかりの水産物を毎週ないしは隔週で提供する。その水産物がいつ、どこで、誰が、どうやって捕ったかも知らされるため、消費者を安心させることができる。

CSFの導入を進め、旗振り役を果たしてきた北西大西洋海洋連合のニアズ・ドーリー理事は「小規模な漁場で捕れる水産物が多様である点は、漁業コミュニティにとって頼みの綱だ」と語る。

漁師の収入安定につながり、環境とも共生

ドーリー氏によると、ニューイングランドの漁師は約60種類の魚や貝類を捕獲するが、そのうちスーパーマーケットに回されるのはせいぜい、昔からの納入実績がある12種類に過ぎず、残りは処分されてきた。

しかし、CSFによって漁師は、人気が高いものの買い叩かれてしまう水産物にこだわることなく、捕獲したすべての魚を販売可能だ。ミドリガニやコイなど、他の地域から侵入してきた生物も対象となる。漁師たちは、環境に逆らうのではなく共生して、乱獲で減った魚が再び増えるようにすることができる。

次ページおろし方や調理法を伝授、切り身での提供も
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。