1番でも本流でもない人が組織を強くする

蝶野正洋「期待がないからこそ自分が出せる」

「1番になることだけが正解じゃない」その真意とは?(撮影:菊池茂夫)
「スポーツの世界は弱肉強食」とイメージする人も多いかもしれない。ところが、『生涯現役という生き方』(KADOKAWA)の著者の一人でもあるプロレスラー・蝶野正洋は「1番になることだけが正解じゃない」と語る。
1984年にデビュー以降、武藤敬司、橋本真也と並ぶ、「闘魂三銃士」として活躍し、現役を貫く傍ら、アパレルブランド「アリストトリスト」の代表取締役も務める彼にその真意を聞いた。

今の仕事や生き方は自分に合っているか?

俺の経験上、必ずしも一番上を目指すことが、仕事において正解ではないと思う。誰だって王道を歩きたいもの。だけど、それは自分の中でそう思えればいいのであって、仕事上の立ち位置は、必ずしもそうでなくていいと俺は考える。

それよりも、その仕事や生き方が自分に合っているかの方が、何倍も大事だよ。

そう考えるようになったきっかけは、まさに俺が、組織の一員として勤めていた新日本プロレスを、また自分の仕事を大局的にとらえられるようになったから。

新日本プロレスでトップを目指せば、それはおのずと創業者かつ、唯一無二の大エースでもあったアントニオ猪木さんと比較される。でも、藤波さん、長州さん、前田日明さん……みんな猪木さんにはなれなかったよね。

だから俺は、「猪木さんにはなれないな」と、早めに見切りをつけていた。もともと俺は猪木さんの付き人を長くやっていたし、ずっと近くで見てきたこともあってね。

「えぇっ?!蝶野さん、新日本でトップを獲る気はなかったんですか?」と問われたら、「ハイ、そうです」と言うしかない。今だから明かせることだけど。

次ページ自分の力で成し遂げているという達成感が大事
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT