ついに動き出した、巨艦・NTTのO2O

日本最大級の実証実験の衝撃(上)

自分が歩くと、館内地図上の自分の人型アイコンが連動して動く仕組みだ。自分の居場所からお目当ての店舗の場所まで、館内地図上でルート案内をしてくれる。

自分が歩くと、自分の人型アイコンが動き、ルート案内してくれる

屋外では、GPS情報を元に、自分の現在位置をネット上の地図で確認し、目的地までのルート案内を利用することは比較的簡単だが、GPSの電波が届きにくい屋内施設ではそうはいかない。

これを可能にしたのは、NTTグループのWi-Fiを利用した屋内位置計測技術だ。来店者は、広大なショッピングセンターにもかかわらず、この仕組みを使うことによって、迷わず自分の行きたい店舗にたどり着くことができる。

館内を歩いていると、自分のお気に入りの店舗に近づいたタイミングで、店舗からのクーポンなどのお知らせが自動的に届く。クーポンは、各店頭でNFC搭載スマートフォンをかざすだけで受け取ることができる。

NFC(Near Field Communication)は、近距離無線通信の国際規格。10センチメートル程度の近距離での双方向データ通信が可能な無線通信技術だ。「かざす」だけでデータのやり取りができるという特徴がある。

各店舗のスタンプカードも、アプリで管理。従来のように店舗ごとのクーポンや会員カードを持ち歩く必要はない。スタンプも、店頭の専用端末にNFC搭載スマートフォンをかざすだけで貯まる。

館内12カ所に設置された専用端末にNFC搭載スマートフォンをかざすと、来館ポイントももらえる。

約130店舗に貼られたNFCタグを埋め込んだポスターにスマートフォンをかざすと、その店舗ごとの情報にアクセスできる仕組みまで用意されている。

レストランが混み合っていても、並んで待つ必要はない。予約しておいてぶらぶらショッピングしているうちに、自分の順番になると電話が自動でかかってくる。

次ページ車の駐車位置も、アプリで記録
人気記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。