スペインで「アルビレックス新潟」を立ち上げ

アルビレックス新潟の奇跡:第5回

それでも、コーチなどスタッフ陣の中で「ぜひ、経験してみたい」「英語も学んでいきたい」という人材が何人か手を挙げたことで動き始め、実際に行った選手が活躍し始めました。そして、彼らが他国のリーグに行くようになり、そのうち他のチームとも連携してインターンでの派遣などもできるようになると、それがまたよい流れとなりました。

「ミスターグランパス」として名古屋グランパスエイトの顔だった岡山哲也元選手も、アルビレックス新潟に移籍後はシンガポールに所属して活躍してくれました。

そういう歴史を重ねていくことで、ポテンシャルを秘めた若い選手が積極的に取り組んでくれるようになり、11年はシンガポールのリーグカップで優勝を飾っています。これによってますますメジャーになっていくわけで、こういうキャリアもあるんだということが若手選手にも浸透しつつあります。

――シンガポールでは見事な成功例を築いたわけですが、今後の動きとしてはどんな構想がありますか?

新しいチャレンジとして、スペインにアルビレックス新潟バルセロナを展開しています。南米大陸も含めてスペイン語圏というのは非常に広く、英語や中国語と並んでグローバルな言語です。そういった意味ではスペイン語圏に進出するというのは、語学はもちろん文化なども含めて身につくものは大きいと思います。

サッカーの競技人口というのはすごく多いものの、ケガをしたり挫折したりして、プロの選手になることができるのはほんの一部です。そして、その後みんながみんなサッカーの世界で生きていくとは限りません。

サッカー通じてグローバル人材育成

だから、好きなサッカーを通して国際感覚を養ったり海外経験を積むことで、将来的にビジネスの世界で飛躍できる人材を育成するという側面もあります。ましてや、海外に行く日本人が少なくなっている現状ですから、その1つのきっかけにもなればいいと思っています。

次ページ新潟は野球不毛の地と言われたが・・・
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ネットで故人の声を聴け
  • グローバルアイ
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT