中国の習主席、セルビアの重要性を強調

「新シルクロード構想」が目指すもの

 6月19日、セルビアを訪問している中国の習近平国家主席は、欧州やアジア、アフリカとの貿易拡大を目指して自国が進める「新シルクロード構想」でセルビアが重要な役割を果たすだろうと述べた。ベオグラードで18日撮影(2016年 ロイター/Marko Djurica)

[スメデレボ(セルビア) 19日 ロイター] - セルビアを訪問している中国の習近平国家主席は19日、欧州やアジア、アフリカとの貿易拡大を目指して自国が進める「新シルクロード構想」でセルビアが重要な役割を果たすだろうと述べた。

中国は新経済圏構想「一帯一路」で、中国西部から中央アジア、バルカン半島諸国を経て欧州に至る新たなシルクロードを築くことを1つの柱としている。

習主席は中国企業が買収した製鋼所で従業員や幹部らを前に演説し、「われわれが進めている『一帯一路』で、セルビアは重要な地位を占めるだろう」と指摘。「今回の協力は南欧や東欧の各国と中国との協力の好例とすべきだ」と付け加えた。

セルビアのブチッチ首相は、ドナウ川沿いの都市スメデレボに自由貿易区を創設することで中国側と協議していると明らかにした。また、苦境に陥っている国内の銅業界や石油化学業界への投資を中国企業に求めた。

中国とセルビアは2009年に戦略的パートナーシップ協定を締結。中国はインフラやエネルギープロジェクト向けソフトローンを中心に10億ドル以上をセルビアに投じている。

習近平国家主席はセルビアの後にポーランドを訪れる。その後は上海協力機構(SCO)首脳会議に出席するためウズベキスタンを訪問する。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT