三菱UFJ銀行が資格を返上、国債に潜む「地雷」

マイナス金利政策でトップ銀行が異例の行動

債券市場にも、不安が走りやすい素地があった。足元の国債利回りは超長期の下落が激しい。2015年末対比の利回り低下幅は、10年物の0.46%ポイントに対し、20年物が0.85%ポイントで、30年物は1.1%ポイント。償還年限が長いほど下落が大きくなっている。

2003年VaRショックの再来か?

このことから「超長期金利が急激に低下した後に急騰した、2003年のVaRショックの再来が想起された」と言うのは、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の石井純チーフ債券ストラテジストだ。

VaRショックは2003年6月、国債入札結果が市場予想よりやや悪かったことがきっかけ。売りが売りを呼ぶ展開となり、わずか2カ月で10年物利回りが約1%上昇した。リーマン危機後の米国や、ECB(欧州中央銀行)による量的緩和決定後の欧州でも、一時的に超長期金利が異常に低下し、その後金利が急騰する局面があった。

金利が上昇すると、債券価格は下落する。金融機関は多額の債券を保有しており、金利急騰は金融機関の資産を急悪化させる。さらに日本の財政は先進国で最悪の状況だ。金利が上昇すれば、国債利払い費が膨らみ、国家財政が行き詰まりかねない。

それだけに、三菱UFJ銀が特別参加者資格を返上するとの報道に、債券市場関係者の多くがヒヤリとした。

10年物国債利回りは6月16日にかけて、連日、過去最低水準を更新した(記者撮影)

しかし、債券取引の結果を見ると、ひとまずは事なきを得たようだ。6月8日朝方、先物に若干の売りが出たが、その後の金利上昇はわずか。9日からは下落が続き、10年物国債利回りは、連日のように過去最低を更新している。

みずほ銀行や三井住友銀行が「当行は検討していない」との声明を発表し、資格返上の動きは一部にとどまった。

「売買業務を行う証券部門では引き続き特別参加者資格を維持し、グループ全体での国債市場への貢献は何ら変わらない」(三菱UFJFG関係者)との言葉どおり、翌6月9日の国債入札では三菱UFJモルガン・スタンレー証券が落札額でトップに躍り出た。

次ページ金利が上昇しなかった本当の理由
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 離婚親の選択
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング