三菱UFJ銀行が資格を返上、国債に潜む「地雷」

マイナス金利政策でトップ銀行が異例の行動

マイナス金利政策に異を唱える三菱UFJフィナンシャル・グループの平野信行社長(右)の思いは、日本銀行・黒田東彦総裁(左)に届くか(撮影 左:梅谷秀司、右:今井康一)

「長期金利が急騰か⁉」。6月8日朝、債券市場に緊張が走った。

この日、日本経済新聞が朝刊1面トップで、「三菱東京UFJ銀行が、国債入札の特別参加者の資格を返上へ」と報道。国債の安定消化が困難になるのでは、と市場に動揺が生じたためだ。

同資格制度は、従前の国債募集引受団に代わる形で、2004年からスタート。国債の応札や落札で一定の義務枠が設定される一方、財務省と意見交換ができるなどのメリットがある。だが銀行が同資格を持つ意義は薄れた。

「マイナス金利政策は明らかにネガティブだ」

今年1月末、日本銀行がマイナス金利政策の導入を決めると、国債利回りは一段と低下。今は15年物までマイナス圏に沈む。債券はマイナス金利で購入、満期まで保有すると、多くの場合、損をする。

「マイナス金利政策は短期的には明らかにネガティブだ」と三菱UFJフィナンシャル・グループの平野信行社長が言うように、国債を満期運用することの多い銀行にとって、現在は損失が生じかねない状況である。

三菱UFJ銀は「直近2四半期の入札で、中期〜超長期国債の発行額の1%以上を落札する」という落札責任を果たせなくなっていたようだ。

次ページ過去の金利急騰ショックとの類似性
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT