消費増税を争点にしない政治は究極の無責任

安倍首相は公約をいとも簡単に反故に

「増税延期はこれまでの約束とは異なる“新しい判断”」と安倍首相。もはや何でもありだ(写真:ロイター/アフロ)

増税に賛成ですか、それとも反対ですか?

このように尋ねられて「賛成」と答える国民が多数を占めるはずがない。が、そういう問答を根拠に、増税の可否を判断するのはいかにも無責任だ。参院選を前にポピュリズムに走る最高責任者を「それはおかしい」と体を張っていさめる政治家はいなかった。

「世界経済は大きなリスクに直面している。最悪の場合、再びデフレの長いトンネルへと、逆戻りするリスクがある。今こそアベノミクスのエンジンを最大に吹かし、脱出速度を最大限にまで上げなければいけない」

安倍晋三首相は6月1日、そう述べて、2017年4月に予定されていた10%への消費税率引き上げを、2年半先の2019年10月に延期する、と正式に表明した。

「新しい判断」で公約反故、具体的な説明なし

増税延期宣言は2014年11月に続いて2回目となる。当時、「再び延期することはない。ここで皆さんにはっきりとそう断言する」と大見得を切った安倍首相の約束は、「新しい判断」の前にいとも簡単に反故にされた。

足元でプライマリーバランス(基礎的財政収支=PB)は改善基調にある。2014年4月の消費増税と企業業績の改善により、法人税収が上振れしたためだ。しかし、増税再延期によって、2018年度にPB赤字を名目GDP(国内総生産)比で1%まで削減する中間目標は、達成不可能になった。2020年度のPB黒字化目標の達成も絶望的である。

増税しないのなら、消費税を財源に当て込んだ施策を、どう実現していくのか。また2020年度のPB黒字化目標をどうやって達成するのか。1日の会見で、安倍首相は「財政再建の旗は降ろさない」と述べるだけで、具体的な説明はいっさいなかった。

次ページ安倍首相の判断が意味するところ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT