人手不足かつ低賃金…ブラック職場の新局面

「新人のほうがベテランより時給高い」の背景

佐々木亮弁護士

一方で、新たな歪みも生じているようだ。同プロジェクトによると、既存バイトの時給が上がらないのに対し、近年、最低賃金の引き上げや人手不足から、募集時の時給については上昇傾向にあるそうだ。結果として、新人のほうがベテランより時給が高い「逆転現象」が起こっているという。

会見にはブラックバイトで働く学生も出席し、実態を打ち明けた。

千葉県の大学1年生の女性は、高校時代から地元のコンビニでアルバイトしている。仕事を始めてから半年以上もの間、時給は最低賃金を下回っていたという。ほかにも、休憩時間が実質ゼロといった問題があった。

これに対し、佐々木弁護士は、時給の逆転現象を念頭に「人手不足で『来て欲しい人』には、お金を出して、『来たい人』『すでにいる人』には出さない。闇が深い」。

アルバイトだから黙っているというのは損

一方、東京都の大学院生(修士課程2年)の女性は、都内のビアホールで働いている。店ではヨーロッパの民族衣装が制服で、着替えに10分ほどかかるにもかかわらず、更衣時間は労働時間外とされていた。過去の裁判例では、制服の着用が義務付けられており、着替え場所が指定されていれば、更衣時間も労働時間になるとされている。

また、賃金は15分単位でしか支払われておらず、業務後の研修会も労働時間に含まれていなかった。女性は2年半ほど働いているが、正社員の残業時間も長く、「この職場ってやっぱり問題なんだなと感じることが多くなった」という。

2人は首都圏青年ユニオンを通じて、団体交渉をおこない、待遇の改善につなげたそうだ。佐々木弁護士は「言えば変わる事例は結構ある。アルバイトだから黙っているというのは、損につながる」と話していた。

弁護士ドットコムの関連記事
「AV出演」が知人にバレた!「恥ずかしくて死にたい」・・・回収や削除は可能か?
保育士の給料が低い「3つの理由」 保育ひとすじ38年「元保父」の大学教授に聞いた
「破水しても早退できなかった」元保育士たちが「辞めた理由」を激白<調査結果・下>

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。