「努力するにもカネがいる」理不尽な日本

「21世紀の不平等」白熱教室in慶応大学

慶應義塾大学経済学部の井手英策ゼミの皆さんと『21世紀の不平等』をもとに格差問題を議論する(写真:rommma / PIXTA)
世界中で広がりを見せる格差問題。アメリカ大統領選挙から保育所・待機児童問題まで、最近話題のニュースの裏側には、ほとんど格差の問題が絡んでいると言っても過言ではないだろう。
そうした中、注目を集めている経済書がある。それが『21世紀の不平等』(東洋経済新報社)だ。昨年末に刊行以降、じわじわと専門家やビジネスパーソン、学生の間で支持され、議論を呼んでいる。
著者のアンソニー・B・アトキンソンは元オックスフォード大学ナフィールドカレッジ学長で、現在は同大フェロー。所得と財産の分配の歴史トレンド研究という新しい分野を切り開いた所得分配論の第一人者である。しかも、あの『21世紀の資本論』を著したフランスの経済学者トマ・ピケティの師であると言えば、納得する人も多いだろう。
今回、この『21世紀の不平等』をもとに格差について議論をしようと集まったのが、慶應義塾大学経済学部の井手英策ゼミの皆さんだ。日頃、財政社会学について勉強している学生たちが、アトキンソンの『21世紀の不平等』をきっかけに日本の格差問題について話し合った。進行役は『週刊東洋経済』の中島順一郎記者が務めた。

 

蔓延するブラックバイト

『21世紀の不平等』。世界16カ国で刊行され、日本でも主要メディアが続々と取り上げ話題に。「不平等研究の父」アトキンソン教授による集大成(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

まず中島記者が学生たちに投げかけたのは、「格差があることは問題か?」というものだ。経済学部の学生だけに格差問題があることは知っているものの、首都圏出身の高収入世帯出身の学生が多いためか、

「大学に入って、掃除をしてくれる人に高齢者が多く驚いた」

「中学、高校は東京の私立出身。大学に来て初めて地方から来た人に触れ合った。奨学金を受給して大学に通っているという話を聞いて驚いた」

というように、学内の身近なところに話題が終始しがちだった。

次ページブラックバイトの経験は?
関連記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。