日本を「貧困大国」にさせないための処方箋

教育、雇用、住宅の自助努力はもう限界だ

企業と労働者の関係が悪化するなか、今できる対策を探る
「働けばなんとかなる」――その思い込みだけで突っ走り、セーフティーネットをおろそかにしたツケが再び押し寄せている。失業保険は不十分なまま、職業訓練や資格所得のメニューも貧弱、再就職先はブラック企業、支援する側が非正規雇用で、大手企業すら「求人詐欺」で搾取するだけ……。
企業と労働者の関係が悪化するなか、再興の道はあるのか?「『働いても幸せになれない日本』に生きる若者」(5月1日配信)に続き、後編として、暗くなるばかりの気持ちを振り切り、今できる対策を探る。

世代間対立している場合じゃない。親子で共闘せよ

今野晴貴(以下、今野):悲惨な話ばかりをしていても救いがないので、求人詐欺や貧困に対して、具体的な処方箋を考えてみましょう。

まず求人詐欺については、予防策として、求人票のリテラシーを身に付けることが大切なのは言うまでもありません。でも、求人詐欺の手口はどんどん巧妙になってきているのも事実なんですよ。

藤田孝典(以下、藤田):不幸にも被害に遭ってしまったら、どういう対処の仕方があるのですか。

今野:たとえば求人の内容と契約書の内容が違っていたら、後から未払い分の給与を請求することができます。時効になるまでは2年間あるので、原理的には2年前までさかのぼって「詐欺で騙された」分の賃金の請求が可能なのです。

請求を確実にするためには、とにかく就職活動中、あるいは転職活動中から会社とのやりとりはすべて記録しておくことが大切です。そして入社後は、自分の出社時間や退社時間の記録やメモですね。それらの「証拠」があれば、騙されたとしても被害を回復できる可能性が高まります。

ここで声を大にして強調しておきたいのは、年配の人もこの事実を知って、息子や娘、孫に対して積極的に助言してほしいということです。

次ページ取り戻せるかによって家族の運命がかかっている
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。