デキない人は「住む場所」へのこだわりがない

それは収入や仕事の結果とも直結する

速水:冷蔵庫の温度は決められたとおりになっていると。

中川:そう。仕方ないので、オレはわざわざ遠いところにある店までビールを買いに行っていたんです。あるいは飲みたくなる時間を事前に察知して、1時間前にそのコンビニでビールを買い、家で冷やしてから飲んだりしていた。

 

速水:執念を感じますね。

中川:そりゃそうですよ。ぬるいビールなんて飲みたくないし。でも、今は冷たいビールがそのスーパーで売っています。オレはビールを14時から飲み始めることが多いのですが、それを踏まえると、以前は12時台にコンビニへ買いに行かなければならなかった。そのタイミングって、高校生がたむろしていて、混んでいるんですよ。そのなかでイライラしながらレジに並んで、ヒーコラ言いながらビールを買って戻り、家の冷蔵庫で冷やす必要があったんです。でも今は、13時55分くらいにそのスーパーに行けば……。

速水:14時には冷えたビールが飲める(笑)。

中川:そうそう。毎日、少なくとも10分くらいは時間をセーブできているんです。大量の高校生がいるなかで並ばなくて済むと。その10分って、けっこうデカいわけですよ。

速水:幸せなんですね?

中川:はい。

速水:アハハハ。

中川:そんなことでも、気持ちって変わるんですよ。

幸せと思えるかどうかの基準はいろいろ

書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

速水:それって、まさに中川流の節約思想だよね。幸せと思えるかどうかの基準っていろいろあります。それこそ高級車でなければ満足できないと思い込んでしまうと、そこからさらなる満足感を得るには、より高価な高級車を手に入れないと納得できない。そういうこだわりってものすごくコストがかかるわけだけど、今の中川さんの話でいうと、歩く時間が5分短縮されたとか、並ばなくて済むから10分ほど節約できたとか、その程度のコストカットで大きな幸せを感じることができる。

中川:ビールの温度が2度低いとかね。そんなセコい話なんですよ(笑)。

速水:なんでそこまでセコくいられるんだろうって気もする(笑)。それはそれで、特殊な才能かもしれないけど。

(構成:漆原直行、撮影:今井 康一)

(近日配信予定の後編に続きます)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。