言い訳しない人生、始めませんか?

ケロッグで学ぶ、既成概念を打ち破る力

ブルーナ・カイザーマンさん(30)は、ロシア系ブラジル人。ブラジルの投資銀行とプライベートエクイティ会社で働いた後、ケロッグに留学したという。

井上さんとブルーナさんは、9月に授業が始まってからも、毎日のように一緒に授業の課題に取り組んだり、食事をしたりして、さらに親交を深めていった。

井上加奈子(いのうえ・かなこ) 1982年大阪府生まれ。2005年慶応義塾大学法学部法律学科卒業後、大手法律事務所にコーポレート・パラリーガルとして入所。2007年4月GCAサヴィアン株式会社に入社。クロスボーダー案件を中心としたM&Aアドバイザリー業務に従事する。その後、国内機械メーカーの国際戦略担当を経て、2011年9月ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院留学。卒業後は、戦略系経営コンサルティング会社に就職予定。
(写真右が親友のブルーナさん)

「ブルーナに出会って、ブラジルという国がとても近い存在になりました。ラテン系の人というと時間にルーズで楽天的なイメージがありますが、ブルーナは時間に厳しく、とても真面目。ブラジルは、さまざまなバックグラウンドの人がいる移民の国なんだと実感しましたね」

井上さんがブルーナさんから日々学んでいるのは、新興国の代表として、貪欲にアメリカから知識を吸収しようとする姿勢だ。

ブルーナさんは卒業後、ブラジルで働くことにはこだわらず、中国やロシアで働くことも視野に入れているという。最終的にはブラジルの経済発展に貢献するとしても、それまでにできる限り、国際体験を積みたいということのようだ。

「『関西のおばちゃん』みたいに、いろいろな人生相談にのってくれます。就職活動中も、私が日本とアメリカの会社を探して、悩んでいたら、『いつも同じ場所ばかり見ていても、同じような答えしか見つけられないよ!ブラジルで働いてみたら?』と思いもよらないアドバイスをくれました」

ブルーナさんに出会ってから、「もっと日本以外の国のことが知りたい、日本以外の国、できれば新興国で働きたい」という気持ちになったという井上さん。早速、スペイン語の勉強も始めた。

就職活動中も、ブラジルで働くことを検討した。結果的には、コンサルティング会社の東京オフィスで経験を積むという選択をしたものの、将来、南アメリカで働きたいと思う気持ちは変わっていない。長期的には、起業することも視野に入れていて、事業プランも練り始めているという。

ブルーナさんとの出会いは、井上さんの世界観を大きく変えたようだ。

次ページ出身地域以外を、貪欲に学ぶ学生たち
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT