言い訳しない人生、始めませんか?

ケロッグで学ぶ、既成概念を打ち破る力

授業を教えるロバート・ウォルコット上級講師は、ケロッグ・イノベーション・ネットワーク(KIN)の共同創設者。グローバル企業、政府、NPOなどと協力して、大きな組織で技術革新、経営革新を起こしていく方法を研究している。2012年に開催されたKINグローバルサミットでは、協力企業として、GE、BP、シスコ、AT&Tなどが名を連ねている。

授業を教えるロバート・ウォルコット上級講師の著書

日本の慶應ビジネススクールで教鞭を執っていたこともあり、『社内起業成長戦略―連続的イノベーションで強い企業を目指せ』(日本経済新聞出版社)という著書もある。

授業では、既存企業を題材に、「もしこの企業で社内起業をするとしたら、どんな会社を作るか」というシミュレーションを行っていく。

チームごとに、起業のテーマを決め、顧客調査、データ分析、関係者インタビューなどを行いながら、ビジネスプランを作り上げる。

この社内イノベーションを起こす過程で、最も必要なのが、言い訳しない、異なる意見を否定しない=「Yes/and」という姿勢だ。

ウォルコットさんが、個人による起業がもてはやされている中、あえて、大企業の中で変革を起こすことの重要性を説いているのは、ケロッグの学生の多くが卒業後、事業会社、金融機関、政府機関など、大組織へ就職するからだ。

卒業後、大企業に入って、イノベーションを起こせるかが何より重要だ

学生は、ケロッグで協調性を重視するリーダーシップを身に付け、組織の中で、その能力を発揮する。

井上さんは、ウォルコットさん自身が起業家なのに、あえて、大企業での社内起業に注力しているのが、とても現実的で、新しく感じたという。

「先生は、『今、起業することがもてはやされているけれど、それが本当に自分に合っているか考えたほうがいい。君たちには、組織の中でイノベーションを起こし、社会を変えていく力もあるのだから』という考え方なんです。大企業の中で、既成概念を打ち破る方法は、私たち自身の既成概念を破る方法でもあります」

ウォルコットさんは、最終授業を、こんな言葉で締めくくった。

「ビジネススクールの学生は、成功体験を積んでいる分、実は既成概念や常識にがんじがらめになっていることが多い。実際に檻を作っているのは自分自身だ。そこから抜け出しなさい。何をするにも遅すぎるということはない。自分の本心に従って、生きなさい」

井上さんはこの授業をきっかけに、自分にも、自分の人生にも「言い訳」をすることをやめた。

「言い訳しない、なんて難しいこと本当にできるんですか? 理想論じゃないんですか」と少し斜に構えて聞いてみたら、「訓練すればできるようになることをケロッグで学びました」と力強く答えてくれた。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT