言い訳しない人生、始めませんか?

ケロッグで学ぶ、既成概念を打ち破る力

新興国の光と影

ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院の代表的な授業といえば、「Global Initiatives in Management」(経営におけるグローバルイニシアティブ)だ。

3カ月間をかけて、特定の国・地域のビジネス、政治、文化について学び、授業の最後には、2週間の実地調査がある。

学生は、中国・モンゴル、インド、日本・韓国、東南アジア、南アメリカ、中東、南アフリカの7つの地域から、興味のある地域を選ぶ。

授業の前半は講義で、後半はその国にちなんだゲストスピーカーが講演をする。各授業は、学生主体で進められ、学生リーダーが、教授にアドバイスをもらいながら、カリキュラムを作っていく。『どういう講演者を招聘するか』『どういう企業を取り上げるか』を決めるのも、すべて学生リーダーだ。

ケロッグの代表的授業であるGIMのリーダーたちと。井上さんもリーダーに立候補した

この授業で特徴的なのは、調査先として出身国以外の地域を選ぶ人が多いこと。

井上さんも、日本を選ばず、あえて、「南アメリカ」を選び、学生リーダーに立候補した。教授による厳しい書類選考と面接をクリアし、見事、リーダーに選ばれた。南アメリカを選んだのは、一度も行ったことがなかった地域だったことと、ラテンアメリカ出身の友人が多かったことが理由だ。

授業のハイライトである実地調査で、井上さんのグループは、ブラジルとアルゼンチンの企業や団体を訪問した。ペルー出身の講師がアドバイザーとして同行するが、リーダーは井上さんだ。

ブラジルでは、オリンピック委員会やワールドカップ委員会、アズール・ブラジル航空(格安航空会社)、TV Globo(ブラジル最大の民放テレビ局)、Natura(化粧品会社)、アルゼンチンでは、アルコア(製菓会社)を訪問した。

「訪問先は、今、南アメリカで勢いのある組織、企業を選びました。ケロッグの看板がなければ、なかなか訪れることができないような訪問先ばかりです。私たちの訪問を受け入れてくれたのは、ケロッグの学生を積極的にリクルーティングしたいということもあるようです」

次ページ言い訳は、訓練次第でやめられる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT