内需減退で精製能力削減迫られる石油業界

コスモと東燃の出方に焦点

「エネルギー供給構造高度化法」への対応で注目されるのはコスモ石油(写真は都内の同社系列ガソリンスタンド)と東燃ゼネラル石油の出方だ。

長引く内需減退で構造不況にあえぐ石油業界。温暖化対策やライフスタイルの変化などにより、ガソリンなど石油製品の国内需要は、ピークだった1999年度の2.46億キロリットルから2011年度には1.97億キロリットルと約2割も減少した。

経済産業省の需要想定検討会の見通しでは、20年には99年比半減近い1.34億キロリットルまで減少すると予想される。

ガソリンスタンドは地方過疎地で“消滅”も

また、全国の給油所(ガソリンスタンド)の数は、95年3月の約6万から12年3月末には3.8万弱まで減少。11年2月1日の消防法改正によって、設置後40年以上経った老朽地下タンクを13年1月末までに改修することが義務付けられ、1カ所当たり数百万円の改修費用を賄えない給油所の廃業が続出。地方の過疎地では給油所の消滅が深刻化している。

次ページ焦点はコスモと東燃の出方
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT