内需減退で精製能力削減迫られる石油業界

コスモと東燃の出方に焦点

「エネルギー供給構造高度化法」への対応で注目されるのはコスモ石油(写真は都内の同社系列ガソリンスタンド)と東燃ゼネラル石油の出方だ。

長引く内需減退で構造不況にあえぐ石油業界。温暖化対策やライフスタイルの変化などにより、ガソリンなど石油製品の国内需要は、ピークだった1999年度の2.46億キロリットルから2011年度には1.97億キロリットルと約2割も減少した。

経済産業省の需要想定検討会の見通しでは、20年には99年比半減近い1.34億キロリットルまで減少すると予想される。

ガソリンスタンドは地方過疎地で“消滅”も

また、全国の給油所(ガソリンスタンド)の数は、95年3月の約6万から12年3月末には3.8万弱まで減少。11年2月1日の消防法改正によって、設置後40年以上経った老朽地下タンクを13年1月末までに改修することが義務付けられ、1カ所当たり数百万円の改修費用を賄えない給油所の廃業が続出。地方の過疎地では給油所の消滅が深刻化している。

次ページ焦点はコスモと東燃の出方
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ネットで故人の声を聴け
  • グローバルアイ
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT