内需減退で精製能力削減迫られる石油業界

コスモと東燃の出方に焦点

「エネルギー供給構造高度化法」への対応で注目されるのはコスモ石油(写真は都内の同社系列ガソリンスタンド)と東燃ゼネラル石油の出方だ。

長引く内需減退で構造不況にあえぐ石油業界。温暖化対策やライフスタイルの変化などにより、ガソリンなど石油製品の国内需要は、ピークだった1999年度の2.46億キロリットルから2011年度には1.97億キロリットルと約2割も減少した。

経済産業省の需要想定検討会の見通しでは、20年には99年比半減近い1.34億キロリットルまで減少すると予想される。

ガソリンスタンドは地方過疎地で“消滅”も

また、全国の給油所(ガソリンスタンド)の数は、95年3月の約6万から12年3月末には3.8万弱まで減少。11年2月1日の消防法改正によって、設置後40年以上経った老朽地下タンクを13年1月末までに改修することが義務付けられ、1カ所当たり数百万円の改修費用を賄えない給油所の廃業が続出。地方の過疎地では給油所の消滅が深刻化している。

次ページ焦点はコスモと東燃の出方
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。