内需減退で精製能力削減迫られる石油業界

コスモと東燃の出方に焦点

「エネルギー供給構造高度化法」への対応で注目されるのはコスモ石油(写真は都内の同社系列ガソリンスタンド)と東燃ゼネラル石油の出方だ。

長引く内需減退で構造不況にあえぐ石油業界。温暖化対策やライフスタイルの変化などにより、ガソリンなど石油製品の国内需要は、ピークだった1999年度の2.46億キロリットルから2011年度には1.97億キロリットルと約2割も減少した。

経済産業省の需要想定検討会の見通しでは、20年には99年比半減近い1.34億キロリットルまで減少すると予想される。

ガソリンスタンドは地方過疎地で“消滅”も

また、全国の給油所(ガソリンスタンド)の数は、95年3月の約6万から12年3月末には3.8万弱まで減少。11年2月1日の消防法改正によって、設置後40年以上経った老朽地下タンクを13年1月末までに改修することが義務付けられ、1カ所当たり数百万円の改修費用を賄えない給油所の廃業が続出。地方の過疎地では給油所の消滅が深刻化している。

次ページ焦点はコスモと東燃の出方
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT