超便利!なのに9割の人が知らないExcelワザ

隣のあの人より仕事がぐっと速くなる

マウスを使ったほうがいいエクセル技

エクセルのショートカット機能をいくつか紹介しましたが、マウスを使ったほうが速い場合もあります。ここではマウスを使った便利なテクニックを紹介します。

「ダブルクリック」で1000行を一瞬でコピペ

1000行を一瞬でコピペ(コピー&ペースト)するテクニックです。1000個のデータが縦に並んでいるとして、その先頭のデータの右隣のセルに値か式を入力します。そしてそのセルの右下にカーソルを合わせ、「+」表示になったらダブルクリックします。すると1000行分が一瞬でコピペされます。もちろん1万行でも何行でもできます。

[Ctrl]+マウスホイールで倍率変更

画面表示の拡大・縮小を行います。メニューから表示%を入力せずに、[Ctrl]を押しながらマウスホイールをくりくり回すだけで表示倍率が簡単に変わります。

[Shift]+マウスでデータの入れ替え

エクセルを使っていると、行や列、セルの場所を入れ替えたくなるときがでてきます。そんなときに便利な機能です。入れ替えを行いたいセルを選びます。[Shift]キーを押しながらそのセルの枠線の上にマウスを持ってきます。そうするとカーソルの形が変わります。そのままマウスでセルを入れ替えたいところへ、ドラッグ&ドロップするとセルが入れ替わります。複数のセルや、行や列単位でもできます。

次ページ「関数」を使って効率アップ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT