生活保護費の適正化は理解できますか?

東洋経済1000人意識調査

71.5%が「理解できる」

生活保護を受給している人は8月時点で213万人強と過去最高を更新中。高齢者世帯による受給も多い。国は生活保護費の適正化へ向けて、支給水準の見直しなどを検討している。こうした政策については71.5%が「理解できる」と答えた。

全国で生活保護を受給している人は8月時点で213万1011人と過去最高を更新中です。高齢者世帯のほか、失業などによる受給も目立っています。

厚生労働省は生活保護費の適正化に向けて、支給水準の引き下げや自立促進策などを検討していますが、こうした政策は理解できるでしょうか。

(編集部 =週刊東洋経済2012年12月22日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT