生活保護費の適正化は理解できますか?

東洋経済1000人意識調査

71.5%が「理解できる」

生活保護を受給している人は8月時点で213万人強と過去最高を更新中。高齢者世帯による受給も多い。国は生活保護費の適正化へ向けて、支給水準の見直しなどを検討している。こうした政策については71.5%が「理解できる」と答えた。

全国で生活保護を受給している人は8月時点で213万1011人と過去最高を更新中です。高齢者世帯のほか、失業などによる受給も目立っています。

厚生労働省は生活保護費の適正化に向けて、支給水準の引き下げや自立促進策などを検討していますが、こうした政策は理解できるでしょうか。

(編集部 =週刊東洋経済2012年12月22日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT