ヤフー流支援に集う、若き異才たち

「泥かき」だけが、僕らの仕事じゃない!

彼らやそのほかのNPO、地元の団体などの活躍で、石巻はかなり早い時期からボランティアを受け入れる体制が整い、支援活動が滞りなく進んだ被災地支援の“成功モデル”とも言われた。

NPO「オンザロード」は被災地の店舗再生の支援でもフル回転していた

オンザロードは、津波で汚れた食器の洗浄から店舗の泥かき、内装の修復など店舗再生を支援していた。お店がきれいに整った後、皆考えたのは、「これから、どうやって商売を再開するか」だ。

たとえば操業停止中だった水産加工店は、事業を再開しても、すでに契約スーパーは他に仕入れルートを見つけていて、販路は断たれていた。多くの事業者が「何か商売を始める糸口はないものか」と必死に探し求めた。

「働きたい、仕事がしたい」。「復興デパートメント」の構想は、そんな生産者の声に応える形で、じわじわ固まっていった。

話を突きつめていくと、須永と僕、周囲の協力者たちの考えはおおよそ近かった。サイトの名称は、魚屋、Tシャツ屋、雑貨屋とバラエティに富んでいるので、「復興のデパートだよね」と自然に決まっていった。

強力な助っ人は、20代の元気娘

被災地の商品をネットで売って、全国に販売する。そんなプロジェクトを進めるに当たって、懸念事項は山ほどあった。

たとえば、東北沿岸部はネット利用者の割合が低い地域だ。また現地の声からも、東北地方の生産者はITがあまり得意でない場合が多いこともわかっていた。

「そもそも、売り物があるんだろうか?」
 「本当にできるだろうか?」
という思いがよぎり、不安になることもあった。

次ページ助っ人、20代女子はどこから来た?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT