ヤフー流支援に集う、若き異才たち

「泥かき」だけが、僕らの仕事じゃない!

「支援ギフト便」の第1弾は、「白米10kg」(2000袋分、計20トン)。これらはすぐに完売。次いで段階的に、食品、家電、避難所用パーテーションなど第10弾まで用意したところ、すべて完売した。

画像を拡大
米20トンなどを被災地に送った「支援ギフト便」は須永らが手掛けた

当時は、義援金の配分が遅れていると報道されていた。それで、募金とは異なる形での支援の方法を模索していた数多くのユーザーが、このサービスに注目してくれたと思う。結果として、このサイトを通じてたくさんの品物を被災地に送ることができた。

須永と僕は、Yahoo!ショッピング、Yahoo!オークションにおいて、新しいプロモーション案件が出るたび、一緒に案件を進めていくという間柄だった。

ただ接点はあるものの、部長が出席する会議で顔を合わせる程度の顔見知り。当時はまさか、彼がこんなに熱い心を持った人で、後に一緒に震災支援で一緒に働くことになるとは、思いもしなかった。

実は、須永も僕もそれぞれボランティアで、テント暮らしをしながら泥かきをしていた時期があった。

僕が東京で「チャリティーオークション」に熱中していた時期も、須永は休暇を使い、同じ志を持っていた部下のメンバーたちと共に、宮城県の亘理(わたり)町に行き、泥かきをしていた。

泥をかいた量は、僕よりきっと須永のほうが多いと思う。

ちなみに、須永がこのときに得た被災地の縁もあり、ヤフーの社会貢献系の部署では、定期的に仮設住宅のニーズを拾うことになり、10~11月には亘理町にPCを設置しに出掛けている。

次ページいつまでボランティアやってるの?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT