エンジニアは精神的に苦しいことが多い

人間ドックの季節に思うこと

年に1回、健康診断がありますよね。ですが、ある程度の年齢になると、健康診断に代わって人間ドックの受診を会社から促されます。

IT業界は夜遅くまで働く人が多く、生活が不規則になりがちです。そのため、受診後の結果に問題が見つかる人もちらほら。

「コレステロールでひっかかりました」「ちょっとメタボの恐れが」「夜食のせいで太ってきたみたい」などなど。

若いうちは多少の忙しさは体力で乗り切れますが、ずっとこのままだと体の健康が心配。残業を減らして生活習慣を見直さないと、この先しんどくなります。

年に1度、体のことを考えるいい機会でもありますね。

でもまあ、こういうケースはまだ良い方。「最近、生きる意味について考えています……」これはもう精神的に病んでる状態。顧客要望や開発の進捗、納期に予算、品質管理など、システム開発はとにかく精神的な負担が大きい仕事。こうなってきたら、産業医と相談して休養に入った方が良いですね。

健康は、生活すべての資本となるもの。末永く働けるよう、ケアしていくことが大事です。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT