エンジニアの夏の服装は、まるでリゾート地

アロハシャツだって許される?

ただいま、梅雨のジメジメした季節の真っ最中。今年の夏もかなり気温が上がりそうです。

最近は固い会社であっても「クールビズ」が広まっており、6月からはノージャケット、ノーネクタイでの通勤も当たり前になってきました。やはり、男性にとっては、この夏の暑い時期にネクタイを締めて歩き回るのは大変なようです。

得意先へ訪問する際は、きちんとした格好をするべきだ、と主張する人もいますが、最近ではノーネクタイも許されるようになっているようです。とはいえ、クールビズであっても基本形は、あくまでスーツ。多少くだけた格好が許されたとしても、襟のないシャツ、短パン、サンダルを禁止にするなど、最低限のドレスコードがある職場が大多数だと思います。

ところが、エンジニアの世界は無法地帯のようです。夏の職場はくだけまくりで、びっくりします。基本みなさん、Tシャツに短パン、裸足にサンダルという涼しい恰好。課長に至ってはアロハシャツでのご出勤。なぜか髪の色まで違います!

こうなると、もうノーネクタイどころのお話ではありません。お客様に会う機会が少ない職場のため、放っておくと、どんどんリゾートのような格好になりがちなんです。もちろん、お客さんに会う時にはそれなりの服装は整えますが、社内で開発作業している間は、仕事をしやすいファッションがいちばんなのです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT