エンジニアの夏の服装は、まるでリゾート地

アロハシャツだって許される?

ただいま、梅雨のジメジメした季節の真っ最中。今年の夏もかなり気温が上がりそうです。

最近は固い会社であっても「クールビズ」が広まっており、6月からはノージャケット、ノーネクタイでの通勤も当たり前になってきました。やはり、男性にとっては、この夏の暑い時期にネクタイを締めて歩き回るのは大変なようです。

得意先へ訪問する際は、きちんとした格好をするべきだ、と主張する人もいますが、最近ではノーネクタイも許されるようになっているようです。とはいえ、クールビズであっても基本形は、あくまでスーツ。多少くだけた格好が許されたとしても、襟のないシャツ、短パン、サンダルを禁止にするなど、最低限のドレスコードがある職場が大多数だと思います。

ところが、エンジニアの世界は無法地帯のようです。夏の職場はくだけまくりで、びっくりします。基本みなさん、Tシャツに短パン、裸足にサンダルという涼しい恰好。課長に至ってはアロハシャツでのご出勤。なぜか髪の色まで違います!

こうなると、もうノーネクタイどころのお話ではありません。お客様に会う機会が少ない職場のため、放っておくと、どんどんリゾートのような格好になりがちなんです。もちろん、お客さんに会う時にはそれなりの服装は整えますが、社内で開発作業している間は、仕事をしやすいファッションがいちばんなのです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT