エンジニアの夏の服装は、まるでリゾート地

アロハシャツだって許される?

ただいま、梅雨のジメジメした季節の真っ最中。今年の夏もかなり気温が上がりそうです。

最近は固い会社であっても「クールビズ」が広まっており、6月からはノージャケット、ノーネクタイでの通勤も当たり前になってきました。やはり、男性にとっては、この夏の暑い時期にネクタイを締めて歩き回るのは大変なようです。

得意先へ訪問する際は、きちんとした格好をするべきだ、と主張する人もいますが、最近ではノーネクタイも許されるようになっているようです。とはいえ、クールビズであっても基本形は、あくまでスーツ。多少くだけた格好が許されたとしても、襟のないシャツ、短パン、サンダルを禁止にするなど、最低限のドレスコードがある職場が大多数だと思います。

ところが、エンジニアの世界は無法地帯のようです。夏の職場はくだけまくりで、びっくりします。基本みなさん、Tシャツに短パン、裸足にサンダルという涼しい恰好。課長に至ってはアロハシャツでのご出勤。なぜか髪の色まで違います!

こうなると、もうノーネクタイどころのお話ではありません。お客様に会う機会が少ない職場のため、放っておくと、どんどんリゾートのような格好になりがちなんです。もちろん、お客さんに会う時にはそれなりの服装は整えますが、社内で開発作業している間は、仕事をしやすいファッションがいちばんなのです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
実家の片づけ<br>激変する相続<br>死後の手続き

モノであふれる実家の整理や親の死後対応は子世代が抱える悩みだ。7月には約40年ぶりに大改正された相続法が本格施行され、知らないと損することも出てくる。10連休こそ「親の3大問題」解決のチャンス! 完全保存版の最新手引。