性暴力に走るのは、いたって「普通の人間」だ

映画「月光」、加害者の描き方に込めた思い

一見、性犯罪など起こしそうにもない「普通の人」が…(写真:Naypong / PIXTA)

「魂の殺人」とも呼ばれる性暴力被害は、被害者の身体のみならず心にも深い傷を残す。性暴力の被害者が、いかに過酷な精神状態に追い込まれていくのか。その様子をリアルに描いた映画『月光』が、6月11日(土)より新宿K’s cinemaにて公開される(以降、全国順次公開予定)。

映画の中で、ピアノ教師のカオリ(佐藤乃莉)は、教え子の少女・ユウ(石橋宇輪)の父親であるトシオ(古山憲太郎)に、性的暴行を受ける。一方、ユウもまた、父親からの性的虐待にさらされていた。自らの被害を誰にも打ち明けられず、不安定な心を抱えたまま、孤独と寂しさの中で苦しむカオリとユウ。2人は運命に導かれるようにして出会い、互いの痛みを共有していく。

今作のメガホンを取った小澤雅人監督は、児童虐待や若者のホームレスといった社会問題を描き続けてきた。小澤監督は、どんな想いでこの映画を撮ったのか。小澤監督と、カオリを体当たりで演じた主演の佐藤乃莉さんに話を聞いた。

知らないだけで、性暴力の被害者はたくさんいる

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

――小澤監督はなぜ今回、性暴力というテーマに挑んだのでしょうか。

小澤:児童虐待をテーマにした『風切羽~かざきりば~』(2013年公開)という映画を撮った関連で、児童養護施設を訪問した際に、性的虐待の被害者がたくさんいることを知ったんです。その時に、自分が知らないだけで、性暴力の被害者はたくさんいるという事実と、被害者の葛藤や苦しさを伝えなければならないと思いました。

――佐藤さんは自らカオリ役を志願されたそうですね。

佐藤:オーディションでいただいた台本を読んだ時に、『ビビビ』じゃないですけど、ぜひ演じたい、私がやらなくちゃいけない、と縁を感じたんです。彼女の、1人ぼっちの寂しさがすごく分かりました

次ページ佐藤「悪夢を見る回数が増えた」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT