DV被害者を守る「シェルター」の厳しい実情

人命を守る活動に予算が十分に下りない

(写真:ryanking999 / PIXTA)
日本では3日に1人、妻が夫によって殺されている――。これは警察統計によって明らかになっている事実です。前回記事では、DV被害者を加害者から隔離する民間のシェルター団体の取りまとめ役である近藤恵子さんに、日本におけるDVの実態について聞きました。この後編では被害者たちを実際に支えている民間シェルター運営の現状について取り上げます。
※前編記事:3日に1人妻が殺される!日本のDVの実態

 

――政府統計を見ているといろいろ驚くことがあります。たとえば強姦被害は、10代20代の若い女性に多いのですが、7割が誰にも相談していないのですね…

はい。性暴力犯罪の統計は、公式な統計を見ると減っていますね。これは、被害が減っているのではなく、被害者がどんどん「言えなくなっている」ことを意味します。なぜなら、私たちが連携している電話相談(よりそいホットライン:0120-279-338、被災3県からは0120-279-226)には、性暴力や性虐待に関連する相談が引きも切らないほどです。

現場で被害者の声に耳を傾けていると、いったい、この社会はどうなっているのだろうと思います。

福島県で深刻化する性暴力

――昨年、シェルターネットは、福島県で性暴力やDV被害者支援のための集中講座を手掛けました。

はい。先に触れた電話相談で統計を取ってみると、福島県では性暴力に関する相談件数が多くあります。

被害者支援の集中講座を受けてくださったのは、県警関係者、犯罪被害者支援にかかわる方々、男女共同参画にかかわる方、学校の先生、保健師さん、虐待された児童の支援にかかわる方々などです。皆さん、福島の被害実態が深刻であることを、データで知って驚かれていました。

――福島では対策のほうも進んできているようです。

SACRAふくしま(Sexual Assault Crisis Response Association:性暴力等被害救援協力機構)が頑張っていると思います。病院、被害者支援センターや県警が協力して対処しています。電話(024-533-3940)をすると、ふくしま被害者支援センターの女性支援員が対応し、できるかぎり、病院や警察にも付き添います(詳細はこちら)。

次ページいったいなぜ「言わない」のか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。